アレルギー性鼻炎の症状を知る~鼻炎改善のためになる鼻し

抗ヒスタミン薬

アレルギー性鼻炎の原因とは

マスク

アレルギー性鼻炎とは、鼻の粘膜がアレルギー物質によって炎症を起こすことです。アレルギー性鼻炎の特徴的な症状としては、発作的に起こるくしゃみや鼻水が止まらなくなることなどがあげられます。アレルギー性鼻炎の患者数は増加傾向にあるといわれており、住宅構造が気密化したことでアレルギー物質となるハウスダストが増加したことや、杉花粉の飛散量が増加していることなどが原因として考えられています。アレルギー性鼻炎を改善するためには、これら原因物質を生活環境からできるだけ取り除くことが重要となります。ハウスダストの除去としては、こまめな掃除と寝具類の乾燥、防ダニ製品の使用や室温や湿度と適度に保つことなどがあり、花粉の対策としては、飛散が多い時には窓を閉め、洗濯物を外に干さないなどできるだけ花粉を室内に持ち込まないことや、マスクの着用とうがいや洗顔を行うことなどがあります。

抗アレルギー薬による治療法について

アレルギー性鼻炎の治療には薬物治療が広く行われています。遊離抑制薬と呼ばれるタイプのものは、主に鼻づまりの解消に用いられます。1週間程薬を服用し続ける必要がありますが、続けることで改善効果が上昇します。抗ヒスタミン薬は、アレルギー症状全般を改善しますが、効果が表れるまでに2週間程かかるほか、眠気などの副作用が出るものもあります。そのため副作用を抑えた第二世代と呼ばれる新薬も開発されています。ステロイド薬は主に点鼻薬として用いられます。鼻の粘膜の炎症を抑え、鼻水やくしゃみにも効果を発揮します。他の抗アレルギー剤の飲み薬と併用することで更に効果が期待できます。薬での症状改善が見られない場合、減感作療法が用いられます。これはアレルギーの原因物質を極少量から注射していき、徐々に量を増やしてアレルギー源に対する体の免疫機能を高める治療法です。数年にわたる治療が必要となりますが、症状の改善から完治が期待できる治療法といわれています。